気になる顎のたるみを撃退!たるみ除去方法の紹介

クリニックや整形の選び方

カウンセリング

後悔しないために出来ること

年齢に伴い深刻になってくるのが、顎のたるみやほうれい線のしわ、目の下のたるみです。出来てしまったたるみやしわは、表情筋エクササイズをやってもなくすのには限界があります。しかし、美容外科を活用することで、たるみやしわを解消して、顔面を若返らせることができます。今はどこの美容外科クリニックでもアンチエイジングに力を入れています。そしてアンチエイジング効果が高い美容整形は豊富にあります。これから美容外科に行って顎のたるみやほうれい線をどうにかしたいと考えているなら、慎重にクリニックを選ぶことが大切です。まずどんな美容外科クリニックでもカウンセリングを行っています。カウンセリングはクリニックによっては初回無料の場合もあります。とりあえずいくつかの美容外科クリニックにカウンセリングを受けに行くのがお勧めです。カウンセリングで一方的に話すのではなく、こちらの悩みを真剣に聞いてくれる医師が理想的です。必要以上に不安をあおり、高額な美容整形を無理やり勧めてくるクリニックには注意が必要です。患者の話に耳を傾け、真剣に向き合ってくれる医師の下で治療を受けることが、アンチエイジング成功のカギとなります。次に美容整形の方法ですが、どんな部分を改善したいかや、どんな効果を求めるかによって違ってきます。なるべく痛くない方法が良いなら、手術なしで行う注射系がお勧めです。ヒアルロン酸注射は、ほうれい線や目の下のたるみをなくしたい場合に最適です。ヒアルロン酸を打つ前に麻酔クリームなどで処置をしてもらえば無痛です。ヒアルロン酸注射は即効性があり、効果は1年ほど続きます。自分自身のコラーゲンを増やしたい場合は、サーマクールまたは糸のリフトアップなどがあります。サーマクールはタイトニング効果が高い高周波治療器です。加齢に伴いひどくなってくる顎のたるみの解消に、とても高い効果があります。糸のリストアップも最近とても人気が高いアンチエイジングの美容整形です。顔の中に特殊なリフトアップ効果がある糸を埋め込み、コラーゲンの生成を促進して肌にハリを出します。糸によるリフトアップ効果とコラーゲン生成効果の二重の効果で、高いアンチエイジング効果を得ることが可能です。糸のリフトアップは、ほうれい線やマリオネットライン、目の下のたるみやゴルゴラインなどの解消に効果的です。ヒアルロン酸やサーマクールなどでは解消できないほど深刻なたるみもあります。そういう場合は、フェイスリフト手術をする選択肢が有力になります。フェイスリフト手術なら、深刻になったほうれい線や顎のたるみもしっかりリフトアップして、しかも半永久的に効果が続きます。ただし、フェイスリフト手術は顔にメスを入れる外科手術なので、とてもリスクが高いです。フェイスリフト手術の経験豊かな医師がいるクリニックをネットで調べること、クリニックの評判を調べることが大切です。ただし、ネットの評価だけではわからない部分もあります。そういうときにも自分自身でクリニックに足を運び、実際にカウンセリングを受けて最終判断することをお勧めします。

TOP