気になる顎のたるみを撃退!たるみ除去方法の紹介

気になる顎のたるみを撃退!たるみ除去方法の紹介

切らずに脂肪除去

水着の人

二重あご等、顎のたるみに悩む女性が多くなっていますが、その原因としては加齢など様々なものが考えられます。顎のたるみが解消されれば、フェイスラインがハッキリとして、若返った感じがします。全体的な見た目も痩せた印象になるので、美容効果は高いものがあると言えます。たるみの解消法としては、顔や首周りをマッサージしたり、エクササイズを行なったりすることが一つの方法です。それによって、ある程度の改善が期待できますが、効果が出るまでには相当な時間を要します。また、長い間続ける必要があるので、忍耐力も要する作業だと言えます。一方、現在は美容外科において、短期間で効果的に顎のたるみを解消することが出来ます。顎がたるむ原因は加齢以外にも、猫背など姿勢が関わることもあります。その場合は、姿勢を正すことで改善できます。しかし、たるみの原因が脂肪など蓄積の場合は、ダイエットをし、食生活を改善する必要が出てきます。そうなると時間と忍耐力を要し、ストレスとも戦うことになります。それを避ける為に、医療の手を借りる方法があるわけですが、施術を受ける判断の基準があります。その一つが、顎下を指でつまんでみることで、1.5センチ以上あれば相当脂肪が付いていることになります。女性は35歳を過ぎると脂肪が付きやすくなるので、一度、顎下のたるみを測ってみるのが良いと言えます。また、骨折や美容整形で、顔の骨を削っている場合も注意が必要です。顎のたるみを解消する美容外科には、皮膚を切らない施術法も開発されています。それが、皮膚の外側からレーザーを当てる方法で、熱エネルギーによって脂肪を溶解させる効果が期待できます。手術や注射が苦手な人に適しており、少しでも顎のたるみをなくしたい人に向いています。施術回数は約4回で、1ヶ月に一度の施術となります。特にダウンタイムを設ける必要がないので、施術が終われば直ぐに帰宅できます。リスクとしては、稀にやけどを起こすことがあるので、施術に慣れたドクターに依頼することが大切です。施術機器としては、ウルトラアクセントやテノールのような脂肪を減らすタイプや、サーマクールのようなたるみに強いタイプがあります。顎のたるみを解消する施術として、最近話題になっているのが、脂肪溶解注射です。当施術は従来から行われていましたが、効果は高いものの腫れが出るという副作用がありました。腫れはダウンタイムで引きますが、それでも完全に引くには時間を要していました。それが、新しいタイプが出たことで、腫れが出にくくなっています。施術回数は3~5回ほどで、1~2週間に一度の施術となります。腫れが殆ど出ないので、ダウンタイムも必要ありません。代表的な薬剤としては、輪郭注射やBNLSが挙げられます。その他、体の中に直接レーザーを照射する方法も開発されています。皮膚に針穴ほどの穴を開けて、ファイバー状の器具で照射します。脂肪の水分に反応し、熱エネルギーに変換されることで脂肪を壊します。施術が一度で済むのがメリットで、傷跡も殆ど残りません。代表的な施術機器としては、スマートリポレーザーやアキュスカルプなどが挙げられます。

クリニックや整形の選び方

カウンセリング

満足のいく美容整形ができるかどうかは、クリニックを選ぶ段階で決まります。ほうれい線、顎のたるみなどを整形で改善したいときにも、沢山のクリニックでカウンセリングを受けて信頼できそうな医師がいる所を選ぶことが大切です。

More Detail

人気がある美容医療

先生

ほうれい線のたるみ、目元のシワ、顎のたるみなど、様々な老化現象を切らないで治せるのが美容医療です。アンチエイジング効果が高い美容医療は沢山あり、注射をするだけ、またはレーザーを照射するだけで肌にハリが出ます。

More Detail

顔を一回り小さく見せる

頬を触る人

顎のたるみを解消させるために美容外科で施術を受けるなら、評判を参考に決めていくといいでしょう。施術を受ける時には、どの医師が担当してくれるかを確認しておき、経験豊富な医師に担当してもらえるようにしなくてはなりません。

More Detail

TOP